韓国で就職、子育て、旅育からの、親子留学?

新卒でソウルで就職、一人旅後、中国で就職、現在またソウルで働きながら子育て中のアラフォー:ソウル在住日本人

韓国で邦人不法就労させる、について

ああ、やっぱりね。

これです。Airbnbのコールセンターin韓国就業で、日本人が不法就労ですよ。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

私も過去記事に書きましたが

 

 f:id:koronawashibaken:20181102083247p:plain

 

あ、テレアポって書いてますが、実はこのコールセンターのことです。

テレアポとコルセンの違いがわかっていなくてすみませんw)

 

いくら大手でも、ここには要注意!だってば(←今更遅いですね・・・はい。)

 

私も以前、この求人案件で恐らくスカウト会社と思われるところから

何度か電話がかかってきていました。

さらさら興味がなかったのでお断りしていましたが、

確か、「誰か他の日本人でいませんか?」くらい推しがあったのを覚えています。

 

永住権保有者なので、私のようなビザに問題のない人間は、

こういう類の求人から電話やメールがちょくちょくあるのですが。

 

今回のこの事件は、

観光ビザ(というか90日以内ビザ免除協定)で働かせてたということですから、

かなり問題。

 

働く日本人ももうちょっとビザについて勉強しなさいよ!といいたいところですが、

雇用側が「日本から給料が発生して出張扱いになるから、ビザは問題ない」と、

言っていたそうですね。

 

内部告発記事↓↓↓

anotherstorysign.com

 

この件が、どういう給与体制だったかはっきりしていないので、なんともいえませんが、

確かに、日本の会社から出張して90日以内で韓国側の支店支社や取引先で業務(技術等のアフターフォロー)をすることは、韓国内で収入を得ていない(日本で収入になっている)なら、不法滞在にはなりません。

 

内部事情を語った方の上記記事を読むと、この点を大使館はOKとみなして回答をしていたようですが。

(でも、90日免除を使って日韓で往来して、出入国を何回も繰り返していたから不振に思われたんでしょうね。)

 

ただ、コールセンターの場合、韓国だけでなく、他国でも出張とかアフターフォローとはみなされないような気がします。中国でも日本人向けのコールセンターで働いていた知人がいますが、きちんと就業ビザで働いていましたよ。

 

入国管理局がコルセンは出張のアフターフォローとみなさないし、1年に短期間で何度も往来して、1年のほとんどを韓国に滞在してる形になってるとなると、そりゃあ入管チェックも厳しくなるでしょうよ。

 

ちなみに、韓国ではコールセンターの就業ビザ取得さえも難しくなっているようです。

<韓国のコールセンターで働く外国人就業ビザ(E7ビザ)の延長をしないby法務部>

biz.chosun.com

 

たぶん、雇用側も就業ビザの取得が難しくなった昨今、どうにかして人を集めようと、

あらゆる手段を講じたのでしょうが、甘かったんでしょうね。

 

何でもいいから韓国に長期で住みたい、というなら、お金ためて留学するほうが手っ取り早いんでしょうが。なかなかそうはいきませんものね。

 

韓国で就業、そんなに甘くないですよ~