韓国で就職、子育て、旅育からの、親子留学?

新卒でソウルで就職、一人旅後、中国で就職、現在またソウルで働きながら子育て中のアラフォー:ソウル在住日本人

国立航空博物館~子連れで韓国に行くなら

パンデミックが始まった2020年7月に開館した韓国の「国立航空博物館」に行ってきました。金浦空港に隣接しているので、出発前に時間があれば、連結しているロッテモールと同じくおススメしたい博物館です。

入場料は無料で、各種「航空」関連の体験プログラム(有料)があります。(予約or現地予約必要)

今回初めて行ってきたのですが、私の学びにもなるし、子連れにも最適だったのでご紹介します。

続きを読む

<追記>韓国から日本に送金するときの注意とおススメ

韓国から日本への送金方法はいくつかありますが、今回失敗したことがあったので、それも踏まえて書いておこうと思います。また海外送金は新しいプラットフォームがでると最初は手数料無料が売りなので、最新の送金アプリを使いこなしていきましょう!

 

追記2023.6】最近、한패스(hanpass)という新しいプラットフォームを発見しましたが、現在手数料が無料のようです。

受取手数料もないようなので、使用後に追加記事書きます♪

한패스(hanpass)

 

【追記】現在は、유트랜스퍼(Utransfer)をお勧めしています。(2022年末まで手数料無料のため手数料無料は終了しました)クーポン利用で特典もあるので、「Utransferとは」で検索すると、多数のブロガーの方の記事がでてくるので、詳細はそちらをどうぞ!

手数料無料は終了しましたが、MOINよりは若干安いのでおススメです。

 

 

少額送金の場合

少額送金は、カカオバンクかモインかと悩んでいたのですが、モインをおススメします。なぜなら受取人手数料

*transferwiseでの韓国→日本の送金は不可(日本→韓国は可能)

 

どちらのアプリも送金する際に「送金額が確定」して表示されるのですが、実際の受取口座を見てみるとカカオバンクはさらにそこから受取人手数料が引かれているので若干の「損した」感が否めません(涙)

 

受取人手数料(日本側の銀行手数料):2,000円~4000円が差し引かれます。

 

<追記>

現在は、유트랜스퍼(Utransfer)をお勧めしています。(2022年末まで手数料無料のため)

クーポン利用で特典もあるので、「Utransferとは」で検索すると、多数のブロガーの方の記事がでてきます。

私も実際利用すると、登録も送金も簡単でした。午前中に送金すると、その日の午後には入金されていました!(三井住友銀行利用)

現在手数料5000ウォンが無料になっているので、今がチャンス!

 

カカオバンクで5万円送金

実際の状況をご紹介します。

カカオバンクで5万円受け取れるように送金を設定しました。

メリット

・カカオバンクの口座があるので(本人認証などはすでにできているため不要)、初めての場合、手続きが簡単。

・送金手数料がほぼ固定(8000ウォンまで)

・即日送金もできる(手数料は割高)

 

デメリット

外国人は利用できない(今回韓旦那の口座から私(日本口座)宛てに送金)

・通常3~4日の送金

・日本側の銀行手数料(2,000円~4000円)が必要な上に高い!

 

今回、5万円を送金することにしたので、実際のウォンの支払金額は52,000ウォン弱でした。(カカオ手数料は8000ウォン)

しかし、実際に日本の銀行(三井住友)で入金確認をしたところ、翌日に入金されていました(3~4日のはずだけど早かったw)

 

しかし、4000円もの手数料が引かれていて、46,000円(驚愕)

 

モインで5万円送金

・こちらはまだ実際の送金まではいたってないので、送金したらアップデートします。

メリット

・外国人も利用可能

・即日送金(早ければ数時間で)

・初回は手数料5,000ウォン割引クーポン

受取銀行の手数料が無料

 

デメリット

・初めての場合、パスポートなどの本人確認書類をイメージファイルで提出しないといけないというわずらわしさ(ただ1度しておけば次からは不要)

・モイン側の手数料が変動(5万円で9000ウォン、10万円で1万ウォン)

・両替率はカカオより若干高いが数百ウォン差

 

 

少額送金のまとめ

両替率や韓国側の手数料を考えると、カカオもモインもほとんど差額はありません。(数百円程度)

が、カカオの受取側銀行の手数料は高すぎます!

 

・・・というわけで、少額ならモインのほうがいいでしょうね

  

www.themoin.com

高額送金の場合

これまで、こういったアプリは使わずに、数年に一度100万円以上を送金していたのですが、高額の場合は銀行での送金がおススメです。

まず、カカオやモインは高額送金はそもそも難しい上に、手数料も高くなってきます。

 

銀行手数料は高いし、両替率もかなり違うのではないかということもありますが、メインバンクを使えば、優待などがあるのでそこまで差がありません。

 

私は三井住友銀行がメインバンクなので、三井住友と提携のあるハナ銀行から送金すると、日本側の手数料も無料になることがありました。(現在は不明)

また、ハナ銀行での実績もあったり、イベントで手数料が90%割引になることもあるので、高額の場合は銀行がおススメです。

 

ちなみに100万円以上送ると、三井住友銀行でも受取手数料は上限の4000円なので、100万送って4000円とられるのと5万円送って同額とられるカカオなら、高額で銀行で送金する方がいいですよね・・・

 

 

というわけで、特に急な送金が不要の場合、うちでは、やはり「為替レートがお得な時に」高額で送金しておこうという方針を取っています。

 

<最新2023年>韓国で移住者にお得な積立預金(多文化積立)~金利引き上げに伴いお得に!

韓国では、低所得者向けの高金利な積立預金商品があるのですが、たいていその商品は「結婚移民者」も入れるものになっています。

結婚移民者とは、韓国人と結婚して韓国に住んでいる外国人です。

積立はざっくりいうと5%~6%の金利です。

韓国はもともと高金利の国でしたが、最近の金利は1~2%程度でかなり低い(日本よりは高いのでしょうが)

現在(2023年)、韓国銀行が金利を3.5%まで引き上げたため、銀行への預金などの金利が上がっています(通常預金で3~4%)。この時期に定期預金は積立預金をしておく人が増えました。

 

そんな中「結婚移民者」向けの商品で毎年お小遣い程度の利益を得ています。

実は数年間にも記事にしていましたが、さらに詳しく

韓国には結婚移民者向けの高金利積立預金がある

 

※韓国銀行が大幅な金利爆上げに伴い、銀行の積立金利も上がっていますので、今がお得です(2023年4月現在)

続きを読む

あれから3年、ソウル、明洞の今

韓国はマスクなしでも、もうどこでもウロウロできるようになりました。(病院や薬局はマスクが必要です)

韓国に入国する際は電子ビザともいえるK-ETA(入国許可)が必要だったのですが、来年末まで日本(他何か国)からの入国には免除になり、リターンである日本への入国も5/8からは各種証明書が不要になるようですね。

これでパンデミック前の日韓往来とほぼ同じようになります。

 

今年に入って、ソウルは外国人観光客が一気に倍増しました。そこで、3月末日に久しぶりに明洞に寄ってみました。

続きを読む

【要注意!】在韓日本人は韓国出国30日以上で健康保険が解約、喪失

今年初めに7年ぶりくらいに日本に1ヶ月以上帰国しました。娘の日本での小学校通学という一大イベントのためでしたが、1.7カ月くらいの滞在だったので、韓国に再入国した際に、「え?聞いてないよ?」ということがありました。

実は、軽く聞いてはいたけど、詳しくは知らなかったので、実際に体験したことで、次からも気を付けないといけないなと思うものでした。

国民健康保険の資格が喪失

在韓日本人(在留資格:永住、配偶者、ビジネス、留学など)は、基本的に韓国の国民健康保険に加入しています。(加入義務)

ところが、タイトル通りなんですが

保険加入者が30日以上、韓国から出国した状態の場合

「保険の資格が喪失」します。

つまり、加入していないことになります。

注意するのはここからです。

在留資格によって異なる

韓国出国後30日以上すぎてから、再度韓国に入国すると、「保険資格の喪失」を解除しなければなりません。

そうしないと、病院に行っても、「全額自己負担」になってしまいます。

ただ、解除の方法や再加入できないなど、在留資格によって異なります。

私は韓国人の配偶者かつ永住資格(F5)を持っているので、そのお話をします。

(F6の方も同様です)

 

喪失後の対応は各在留資格によって異なるので、 必ず詳細は国民保健公団に問い合わせてください。(韓国国内:1577-1000)

再入国後、すぐに手続きを!

喪失したら、再入国したときに、なるべく早めに手続きをとることをおススメします。

現在の所、喪失したままで病院にかかると全額自己負担の上に 「遡及」還付ができないようです。

ですので、空港から家路につく間に病院に行くことになった・・などとなると、自己負担になってしまうので、早めに手続きをとりましょう。

 

※入国時に週末や祝日で公団がお休みの場合のみ遡及できるようです。

在留資格:永住(F5)or結婚移民(F6韓国人の配偶者)の場合

配偶者が職場加入者の場合

配偶者が働いていて、私はその被保険者になっています。

この場合

 

①韓国出国後30日後に保険資格喪失

(配偶者が国保サイトでアクセスして個人情報を確認すると、外国人の私の名前だけが掲載されていませんでした💦(イコール喪失ということです)。※韓国人の子どもはそのまま維持)

 

喪失日から3か月以内に再入国

 

③再入国後すぐに電話(韓国国内:1577-1000)で

喪失した旨をいい、本人確認や配偶者名などを言って喪失解除後、オペレーターがシステム上で加入申請

→当日再加入完了(念のため加入されているか確認してください)

 

ポイントは、喪失日から3か月以内に再入国して、電話をすれば、電話一本で再加入が可能です。

 

喪失日から3か月以上💦

→「국민건강보험공단 서울외국인민원센터」に行って、直接書類などを提出して再加入の手続きを踏まないといけないようです。

※ソウル以外の方は「 건강보험공단 외국인민원센터」で検索すればでてきます。

 

ソウルの場合

서울외국인민원센터(地下鉄2号線シンドリム駅 テクノマート業務棟3階)

 

 

配偶者あるいは本人が地域加入者の場合

上記の場合と手続きなどが異なる可能性があるので、問い合わせてください。

上記以外の在留資格

留学生の場合などは、再加入するのにそこからさらに6か月以上滞在しないといけないということを聞きましたが、韓国出国する前にあらかじめ出国期間の納付分を納付しておけば存続されるという話も聞きました。

詳しくはかならず公団へお問い合わせください!

 

追記

入国後、ちょうど1週間後に「地域加入のお知らせ」と「保険証」が届きました。

 

「え?地域加入?職場加入の被保険者の申請したのに?」と思って、また公団に電話したところ

丁寧に確認してくれました。

「出国後喪失していましたが、入国後に職場加入の被保険者として手続きが行われていて「入国日」から効力が発生していますよ」ということでした😊

 

だから、もし「案内書や地域加入の保険証がきてもそれは無視しても大丈夫」です。

 

まとめ

2015年に2か月ほど韓国を出国していた時は特にこの手の問題がなかったと思うのですが、今は「韓国を出国したらデータが保険公団に送られる」のでデータ上でかなり管理されています。

あまり周知されていないようで、再入国後、病院に行ってから知る・・という外国人も多いようです。そうなると遡及申請で還付ができずに、自己負担になってしまうので、

お気を付けください!

(2023.2月現在)

一時帰国で小学校に通う

ついに、日本で小学校に通えることになりました!パンデミックで日本になかなか一時帰国できなかったのですが、今冬、やっと一時帰国を果たして、日本の小学校に通っています。

我が家はずっと日本に住民票をおいたまま、国保を支払い年金も支払っています。

そうすると、就学時に小学校からいろいろとお知らせがくるので、 「住民ではあるが学区外の学校に通っている」申請をしておいています。

その場合、一時帰国で、いざ小学校に通うことになったらどうすればいいのかを記事にしてみました。

 

ご参考までに、これまでの詳細は以下の記事をご覧下さい。

 

halftheworld.hatenablog.com

 

続きを読む

韓国で不倫相手を訴える手続きの流れと概算

突然どうしたの?という記事ですみません(苦笑)

パンデミックの始まる頃から書き溜めておいたのですが、なかなか公開できないままほったらかしでした💦

法曹界で働いていると色々と相談がありますが、法曹界といえども広いので、分野外のことも多々あります。今回、何人かの知人の相談にのりながら、新しい知識が少し増えたかなと思い、将来私自身のもしものため?の議事録と、韓国で不倫沙汰になって少しでも情報が欲しい(訴える側・訴えられる側両)方のために記事にしてみました。

続きを読む