韓国で就職、子育て、旅育からの、親子留学?

新卒でソウルで就職、一人旅後、中国で就職、現在またソウルで働きながら子育て中のアラフォー:ソウル在住日本人

エバーランドを完全攻略!コロナ時代でアプリは必須!

ちょうどソウルのソーシャルディスタンスが2段階から1段階に引き下げられて、学校もやっと翌週から毎日登校が始まることになった翌日。

登校が始まると平日はなかなか休めないので、今しかない!と思い、ソウル郊外にあるテーマパーク「エバーランド」に行ってきました。

 

  • エバーランド
  • アクセスが便利になった!
    • 江南から40分で約280円!
    • その他の方法
  • エバーランドに到着後チケット購入まで
    • 仕方なくチケットカウンターへ
  • コロナ対策でアプリ必須
    • 事前にアプリをダウンロード 
  • アプリでファストパス
  • いよいよ入場
  • 一番待つのは「ズートピア
  • 他のアトラクションの待ち時間
    • 20M落下するサンダーフォールズ
    • 午後からスタートするアトラクション
    • ピーターパン
    • マジックスイング
    • レーシングコースター
    • 飛竜列車
    • 大人のアトラクションは空いている
  • パレード
  • 飲食持ち込みOK
  • まとめ

 

続きを読む

ソウルの森の裏手にホットなカフェ通り

ソウルの森に行った時のことですが、その裏手も今流行りの「古民家カフェ」ならぬ「古ビルリノベカフェ」通りができていました。

この界隈はソンス洞で、工場跡のカフェ通り(メトロ2号線ソンス駅)というのがソンスでは有名でしたが、もう一つ横のトゥクサム駅のカフェ通りもホットスポットになってきているようです。

今回森にいったついでに偶然発見したカフェ通り。covid19で人混みを避けようとやってきた森から一本外れると、人混みカフェ通りに出会ってしまいました(苦笑)

  • ソウルの森
    • 確かに自然が多い
  • カフェ通りへ
  • 今回はここ「HALFF COFFEE」
    • バタークリームが有名
    • お店の場所

 

続きを読む

韓国ソウルで美味しいエッグタルトやパイが食べられるお店

エッグタルトが大好きなんですが、ソウルでもなかなかおいしいエッグタルトには出会えませんでした。

でも、最近おいしいお店も増えてきたので、今イチオシの一店をご紹介します! 続きを読む

小1と親子でクラウティ英会話がおススメな訳

これまで、ソウルの某英語キャンプのオンライン英会話を受講していた小1の娘ですが、大人の事情でレッスンが終了したので、これを始めました。

ネットでも色々とレビューがありますが、うちにはかなりコスパ高めの、おススメレッスンです!

  

学研がやっている「クラウティ」

*現在無料体験は3日間のみ

 

日本の学研がやっているので、怪しくはないなとw

これが、大正解でした。

続きを読む

韓国の私立小学校っていくらかかる?

一学期、ソウルの小学校はほとんどが週1登校という分散登校をしていました。

これは小学校付属の幼稚園も同じで、小学校と同じような登園日数で実施しているためなんですが、先月、近所の日本人ママ友と久しぶりにお茶したときの話。  

「娘の通う小学校付属の幼稚園が登園開始しても、週2と言われて、私立の幼稚園に移りながら得た情報なんだけど、 ソウルの小学校も私立なら毎日登校してるらしいよ」と言われました。

 

なるほど!私立は盲点でした!というわけで早速韓国の私立小学校について調べてみました。

 

続きを読む

小1で宮廷入りした娘〜景福宮

連日続く雨の日ソウル。

ちょうど曇りではあるけれど、ほぼ雨が降らなかった金曜日、旦那が大量に残っている有給を使って休んだので、念願の宮廷茶屋に行ってきました。

いつも期間限定で開かれる景福宮内の伝統茶屋ですが、毎年伝統茶セットの予約ができず、行きそびれていました。

今回も予約がいっぱいだったけど、単品でも楽しめると分かったので、早速行ってみました。

景福宮もCovid19対策で、クローズしていましたが、7月末から開場しています。

予約なしの当日入場のため、週末は混むかなと思い、この平日を逃すわけにはいきません(苦笑)

続きを読む

アチムコヨ樹木園

ソウルから車で1時間、電車とバスでも行ける樹木園に日帰りで行ってきました。

実はここに来るのは19年ぶりです。

1997年の韓国映画「手紙」の大ファンだったので、19年前(2001年)に来れたときは、感無量だったのとともに、あの松の木が完全に他の形のものに変わってしまっていて大ショックだったのを覚えています。

90年代は、韓国の映画を日本で見ることはほぼ不可能だったのですが、「シュリ」を皮切りに韓国映画が日本でも気楽に見れるようになりました。

母校は世界の映画やTV番組を保有している珍しい学校だったので、97年のこの映画もDVD(ビデオだったかな?w)で99年に見て大感動した一作です。

そんな思い出の舞台へ…

続きを読む