韓国で就職、子育て、旅育からの、親子留学?

新卒でソウルで就職、一人旅後、中国で就職、現在またソウルで働きながら子育て中のアラフォー:ソウル在住日本人

<韓国>緊急災難支援金の使い道

日本でも「特別定額給付金」として国から一人10万円が現金支給されることになっていますが、韓国でも「何日時点で韓国に住んでいる韓国人」を対象に支援金という名で支給されることになりました。

韓国は世帯主基準で金額が決まり、さらには現金支給ではないので、使い方が少し複雑になっています。

続きを読む

韓国はそろそろ終息する?②5月連休でクラスター

韓国は、5月頭の連休明けに、ソーシャルディスタンスが終わり、生活での距離をおく段階という自粛が一段階緩和された状況になりました。マスクや消毒は相変わらずですが、かなり通常生活に戻ってきています。

感染者が一桁台になったことや、ソウルでも0~2人程度で推移していることから、塾はもちろん、居酒屋もかなり動き始めました。

とはいえ5月頭の連休で恐れていたクラスターが始まりそうな雰囲気です。

韓国の連休

4月30日(木)ブッダの日

5月1日(金) メーデー(公休日ではないが企業もほぼ休み)

5月2,3日(土日)

5月4日(月)平日

5月5日(火)こどもの日

 

飛び石連休にはなりますが、もう大丈夫だろうという人たちが増えてきたので、かなりの人の移動があると予想されていて、各所はピリピリしていました。

学校以外は動き出した

非常事態のレベルが1段階さがって、政府からの要請が緩くなっています。保育園は理由がある場合預かることができ、各教室、学習塾などはすでに本格的に稼働しました。

恐らく最後まで規制が解除されないのは学校だけですが、予定としては高校3年生から段階的に開校することになりました。

クラブで感染者

こうした状況の中、連休中にソウル郊外で感染者が発生。しかもソウルのクラブをはしごしたあと、会社の人とも接触があり、濃厚接触者は1500人かといわれるような事態が発生しています(5月7日)

勤め先のビルが閉鎖され、1000人が自宅待機、さらにはクラブに行っていた人たちからもどんどん感染者がでていて、発覚した翌日には15人の感染者が確認されて、今後もさらに増えるという非常事態になってきました。

旅行者が動く

この連休に、チェジュや海岸沿いの観光地はホテルが満室になっているというニュースもあり、クラブという密の高いところ以外でも、感染者はでてくるのではないかと戦々恐々としています。

始業は?

学校は重要な高校3年生から順に始業が予定されています。

13日:高3

20日:高2、中3、小1,2、幼稚園

27日:高1、中2、小3〜4

6月1日:中1〜小5、6

 

受験生は試験台じゃない VS とっとと登校させたい親

のバトルになっていますが。

 

個人的な考えなのですが、そもそも高3って自分で勉強できる年齢でしょうに、敢えて学校に行かないといけないこともないと思うんですよね。内申がどうこうなのが理由ですが。

 

塾も開講しているから、学校に行ってもあまり意味のない子もいるし、かといって経済的に難しくて学校で習いたい子もいるだろうし。

そもそも登校しても勉強しない奴はしないだろうとww

 

オンライン授業をもっと充実させて、オンラインも自由登校にすればいいんじゃないかなと思います。

内申書も重要になってきますが、ボランティアなんかもできないだろうし、登校だけでない受験対策を「大人」がもっと整備すればいい話では?と思います。

 

さて、開校を願う親は、1日中一緒にいるのがすでに3か月近く続いていて、限界だわ・・・という親だと思います(苦笑)

 

小学生からじゃだめなの?

やはり高3の次は低学年からになりました。

理由は、学童はずっと開校していて、学童を利用しているのは低学年が多数。さらに、1,2年生はオンライン授業ではなくTV視聴授業でほぼ親に丸投げの状態。

対面授業じゃないと難しい学年ということだそうです。

 

納得です。娘の友人も共働きのところは全員学童に行っているので、自粛している意味はあまりないんじゃないかというところ。

 

低学年はそもそも授業時間も少なく、児童はまだまだ先生のいうことをきちんと聞く年齢です。マスクもはずさず、手もこまめに洗うとおもうんですよね。

公園でも低学年ほどマスクをしているのに、高学年ははずして闊歩してますからね。

 

低学年ほど登校が必要

低学年はいわゆる勉強が目的じゃないんですよね。社会的な学習が必要なので、友人とどう過ごすか、どんな生活をしなければいけないか、社会集団を学ぶ場なので、オンラインで国語算数をするよりは、まずは登校することが第一の目的なんです。

 そういう点で、私もこの順序は賛成なのですが、

 

一番の理想は

夏休みも冬休みも全部なくしていいから、できるだけ完全に終息に近い段階で、開校を7月頃にして、ぶっ続けで授業してくれないかな。ですね・・

とはいえ、インフルのようなもので、2波、3波もありえるので、どこかで区切りをつけて開校しないと何年も学校閉鎖という形になってしまいます。

 

大人を自粛させることが一番

クラブでのクラスターをみていても、これは大人の失態でしかありません。

あれほどクラブや夜のお店は閉めろ閉めろといっていたのに、次から次へとでてくるのは夜密の部分。塾や習い事から感染者はでていないのですよ。

 

学生がここまで我慢して大人のしりぬぐいをさせられているのは、どうにも納得できないです。不要不急な大人たちこそ監禁させるべきなんですよ。

会社よりも学校のほうがよっぽど換気すると思いますしね。

 

さて、現在、連休であちこち旅行した上にソウルのクラブではしごして感染してクラスターを引き起こしそうな事態の中、開校の延期もささやかれています。

終息とはいつなのでしょうか・・・ 

韓国の育休給与はもらえるのか

今日はメーデーでソウルでも大部分がお休みですが、小学校のオンライン授業はありますw子どものオンライン授業開校ではなく親の始業なのでw休みもありません(苦笑)

 

さて、2月中旬から育児休業を始めましたが、育休給与の申請は自分で雇用保険センターに申請しなければいけません。 

そのためには、会社が「確認書」を発行してから、私が申請するという順番になっていますが。4月上旬になっても給与の申請すらできない状況が続いていました。

※※韓国は小学2年生(満8歳未満)までに育児休暇がその子に対して1度だけ申請ができます。今回娘6歳には一度も育休を使っていなかったので(出産前に退職し、数年後に別の会社に就職したため)、今回ギリギリ?の育休使用となりました。

※※雇用保険加入者であれば外国人にも同様に適用されます

続きを読む

英語キャンプのオンライン授業開始!

韓国ソウルの英語キャンプでは、これまで日曜日に開催される授業のみ参加していましたが、小学生になり、私も育休が始まったので、通常の放課後授業(平日午後)に参加できるため、授業の申請をしていました。

しかし、このコロナ禍で、授業は休校になっており、まだ一度も受講できていません。

英語キャンプの特性上、ソウルや区が協賛しているため、私的な塾などとちがい、学校が休校になれば合わせて休校にしないといけない規制があるようです。

(私立の塾や教室はほそぼそと受講を開始させているソウルです。個人は死活問題ですしね・・・)

そんな英語キャンプでオンライン授業が始まりました!ありがたいっ!

続きを読む

韓国はそろそろ終息する?①明洞ががらっがら

4/15の水曜日は、韓国は総選挙(国会議員)で祝日でした。選挙に行けよ休日のようなもので数年に一度この時期に祝日ができます(苦笑)

外国人で永住権保持者は総選挙の投票権があるのですが、地方議員の選挙のみ対象で、今回は国会議員だったので投票権がありませんでした。

さて、この日に用事があって韓国のTHE観光名所「明洞(ミョンドン)」に少し立ち寄ってみました。

続きを読む

来週いよいよ韓国小1開校・・の準備

来週からオンライン・・・でなくてTV授業が始まる小1の娘

いよいよ登校しない開校ですが、入学式は「おうちで動画で見てね」という入学です

 

学校から詳細案内があれやこれやと送られてくるので、読みながら疲れてしまう(苦笑)

内容が二転三転するんですよ…

そんなオンライン開校に備えて、先週金曜日はバタバタと準備が始まりました。

続きを読む

韓国ソウルの最新コロナ対応状況

入学式も1か月以上延期されている小1娘のソウルライフです。(開校の予定はいまだにありませんが、高校生から徐々にオンライン授業での開校が始まっています)

現在、韓国への入国はどうにかすれば可能であるとはいえ、空港での検査はもちろん、2週間の指定の隔離施設(自宅のない外国人)あるいは自宅隔離が法律で規制されています。もし摘発されると、外国人の場合、罰金および強制出国となるのでご注意ください。(すでに摘発事例があります)

 

自宅隔離の場合、不定期で突然おまわりさんが自宅に在宅かどうか調べに来るので、いなければ起訴されるようです!

ちなみに指定施設は無料ではなく自己負担で、自宅隔離の場合、食料などが無料で支給されます。

보건소에서 지급되는 자가격리자 보급품

(写真はお借りしました)

 

そんなソウルの状況です(2020年4月13日)

ロックダウンはありません

ロックダウンはないので、交通手段、スーパーやレストランも平常通りです。

買占めなどもなく、旦那も通勤しています。

公園も結構人がいます(苦笑)

f:id:koronawashibaken:20200413091645j:image

桜の見ごろがすぎたので、花見シーズンほどの人はいませんが、近所の公園も散歩や運動する人など、ウロウロしています。

f:id:koronawashibaken:20200413091811j:image

マスクは足りているようです

 マスクは1週間に一度「公的マスク」という名で薬局でのみ販売されていましたが、今ではマスク製造もおいついたのか、一部大型スーパーなどで買えるようになったようです。

うちの近所には大学病院があり、国指定の感染者受入れ病院になっています。

ここの外科医に聞いたところ、マスクも十分足りているようで、私に「マスク必要だったらあげるよ」というくらいなので、逆に心配されるレベルでした(苦笑)

感染者数は毎日?

韓国全土で毎日30人前後の感染者数で、ソウルでは一日4~5人程度の増加です。

この1週間でかなり落ち着いてきました。

とはいえ、クラスターの確率はまだまだ高いので、引き続き社会的距離(ソーシャルディスタンス)期間になっています。

 

総選挙はやってます

4月15日に全国総選挙があります。そのため、先週末は(金・土)は事前投票があったのですが、長蛇の列でした(不安)

投票場前では熱を測ったり、消毒、さらにはサージカル手袋を配布されて、手袋をつけたまま投票をします。

手袋を捨てて帰るようになっているのに、持って帰ってきたアホな旦那はここにいます(驚愕)

f:id:koronawashibaken:20200413091923j:image

私も選挙権があるのですが(外国人は韓国で永住権を取得して3年後から総選挙の選挙権のみ発生。大統領選挙などは有権者ではありません)

日程のため15日の本投票日に行くようになります。朝6時からなので、早朝に行ってきたいと思います!

外国人は地方総選挙のみ投票でき、今回は国会議員選挙なので投票はできないそうです(どおりで案内が来ないと思ったw)

ソウルの支援給付

今回のコロナ対策では、ソウル市民に支援金の給付が行われます。

が、対象者限定です。

うちは、この対象者外なので、一円ももらえません。

<対象

・児童手当を給付されている世帯

←ここではじかれました

・所得制限

←所得ラインがあり、ほぼ低中所得者が対象となります。

うちも共働きのために対象外です。

 

その他の支給は?

児童手当

7歳未満(6歳まで)一人につき40万ウォンの支給ですが、通常の児童手当のような現金ではなく、期限付きのカードポイントが付与されます(ソウル)

政府支援金

まだ決定してはいませんが、現時点では「所得制限を設けて」支給になっていて、共働きのうちは、ラインぎりぎりなので、もらえるかどうかわかりません。

支給される場合、3人家族なので80万ウォン(8万円)の支給になります。

 

しかし、ここにきて国民全員への支給という案が浮上しています。(一律低額で)

選挙のせいか「所得制限なしで全国民一律」という案もでているため、決定をもう少し待ってみたいと思います。

選挙後に動きがあるのかな・・・

 

まとめ

ソウルの人はほぼマスクをして歩いています。マスクをしていないと睨まれるのでお気を付けください(苦笑)

ただ、韓国人はもともとパーソナルスペースが狭いので、こういう状況でも2M間隔などはないです。

投票列をみてもギューギューに並んでましたからw

だから、まだまだ収束はみえません(苦笑)