韓国で就職、子育て、旅育からの、親子留学?

新卒でソウルで就職、一人旅後、中国で就職、現在またソウルで働きながら子育て中のアラフォー:ソウル在住日本人

[追記]ソウルの小中学生は無料でオンライン学習+メンター支援

2021年8月末から始まった、ソウル市の支援プログラム「서울런:Seoul Learn」で、小2の娘が支援を受けれるようになりました。

多文化(韓国人の配偶者が外国人)家庭には、各自治体で様々な支援プログラムがあるのですが、今回はソウル市が大手を振ってこの支援を始めました。(新市長の鳴り物入りでともいうw)

ソウル市内に住む小中高生のオンライン学習、またソウル市民ならだれでも受講できる生涯学習のオンライン受講無料支援プログラムです。

 

ソウルランの概要

今回の支援は「低所得(韓国)」や「多文化」家庭の「若者」支援なので、日韓キッズの娘も対象になります。

以下のオンライン学習コンテンツのうち、1社のものを選んで受講することができます。

小学生の娘は、「Ellhigh」か「i-scream homelearn」のうち、i-scream homelearnを選びました。Ellhighはモバイルでの受講になるので、低学年の娘には画面も小さく難しいかなと思い、専用のタブレットで受講するi-scream homelearnにしました。

 

f:id:koronawashibaken:20210929121256p:plain

 

メンター

i-scream homelearn以外は、メンターの申請ができます。

i-scream homelearnは、オンラインで先生との相談ができるプログラムがすでについているため、ここではできないようです。

 

서울런:Seoul Learnの詳細は公式HPからどうぞ。

 

slearn.seoul.go.kr

 

申請方法

上記の公式サイトで娘の会員登録をして、学習プログラムを選択し、「家族関係証明書」をPDFで添付して申請します。

i-scream homelearn

以前からオンライン学習をさせてみたかったものの、この類のプログラムは全教科が必須で月額13万ウォン(13,000円)前後になり、金額が負担になっていました。

今回は、これがすべて無料ということで、ならばやってみようと、早速申請しました。

 

i-scream homelearnはもともとメンタープログラムがついているので、ソウル市支援のメンターは申請できません。

1週間後

申請してから約1週間後に、タブレットが届きました!

ログイン方法は、SNS(ムンチャ)で届き、あらかじめ設定されているIDとPWでログインします。

 

f:id:koronawashibaken:20211005101502j:image

 

ノートブックのようですが、タブレットなので15cmのものさしおいたらこれくらい。

タブレットは分離可能で、キーボードから外して使えます。また右横にタッチペンが収納されています。
f:id:koronawashibaken:20211005101504j:image

 

ログイン

電源は3秒以上押したままにすると、androidがたちあがり、まずは自宅のWifiを接続させます。(初回のみ)

 

その後、ログイン画面にうつれば、SNS(ムンチャ)で送られたログイン方法に沿ってログインするだけで、娘の名前で表示されました。

IDやPWはムンチャで送られてくるので、そのまま使用します。

 

f:id:koronawashibaken:20211005102348j:image

 

コンテンツが多様

日本のz会タブレット講座を受講していますが、それに比べると明らかにコンテンツが多様で豊富です。

 

Z会は1/4の月額なので、比べるのは難しいかもしれませんが💦

まあ、Z会は、娘の場合、日本語学習を兼ねているのでw

 

最初は小2で設定されていますが、小6までの問題もすべてできるようになっているので、先取り教育をしている場合、次の学年の勉強もできます。

娘は小2の算数はある程度終わっているので、小3の算数に取り組もうかと思っています。

 

f:id:koronawashibaken:20211005102350j:image

 

韓国は「教科書を持って帰らない」ので、日頃どんな授業をしているのか全くわかりません(苦笑)

教科書に沿った内容なので、これでどんな勉強をしているのかもわかって、親としても把握しやすいですね。

オーディオリーディングもあるので、日本語ばかり読み聞かせしている私としては、韓国語の読み聞かせ機能はありがたい♪

 

また、学校の授業に沿った教材だけでなく、タイピング練習や漢字、英語ももちろん豊富です。(韓国は小3から英語の授業が始まります)

 

f:id:koronawashibaken:20211005102343j:image

 

ディクテーションをするときは、タブレットを少し上げて、書くことができるので、書きやすい模様。

 

f:id:koronawashibaken:20211005102346j:image

 

英語はまだ使っていませんが、英語の本や、新聞もあり、オーディオリーディングできるので、使いこなせたらいいなと思います。


f:id:koronawashibaken:20211005102353j:image

 

大人向け講義

大人向けには、誰でも無料で視聴できるオープン講義というものがあります。市民講座や資格取得講座など。これは私が徐々に利用してみたいプログラムです。

 

今後どうなるか

まだ、使い始めたばかりで、あまり熟知していませんが、ソウル市支援ではどこまでが無料で使えるのかわかっていません。それでも、基本的なコンテンツだけでも無料で使えるのはかなり太っ腹で、娘も毎日欠かさず何かしら学習しています!

 

ただ、メンターから連絡があるとのことですが、未だにメンターとの対話はできていない状態です(苦笑)

申請者が多いので、先生の割り当てがだいぶ遅延しているとのことです。

 

メンターと対話できるようになりました。週に1度メンタリングができます

 

いつまで無料?

とりあえず復習期間を含めて来年2月末まで無料で良できるそうです。

ただし、来年度も引き続き無料支援を行うかどうかは、今年の12月にソウル市が決定してソウルランホームページで公示するということです。

 

また、追記していきたいと思います。