韓国で就職、子育て、旅育からの、親子留学?

新卒でソウルで就職、一人旅後、中国で就職、現在またソウルで働きながら子育て中のアラフォー:ソウル在住日本人

オーロラを見るためだけのカナダ旅行で使ったホテル

 

オーロラを見るために行ったイエローナイフのホテルとストップオーバーで泊まったバンクーバーのホテルです。

バンクーバーは厳密に言うとお隣リッチモンドにあるホテルです)

 

恐らく安いところは特にそうかもしれませんが、シャワーが固定されています。

(ホースシャワーがない)

子どもには使いづらいので、携帯洗面器(折りたたみ洗面器)が役に立ちます!

 

 

では、カナダで泊まったホテルを2箇所ご紹介!

 

イエローナイフのホテル**ディスカバリーイン

 

オーロラツアーで安いパッケージにすると、ここのホテルになりますが、特に気になることはなかったです。 4歳児連れだから1ランク上のホテルでもよさそうだけど、一番街の中心部にあるし、自炊ができるので逆によかったです。レストランもありますが、ビュッフェ形式で、中華系です。

↓↓↓↓↓こちらから↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 ディスカバリーイン

 

メリット:

 

安い割りに清潔で、とにかく部屋が広い!

f:id:koronawashibaken:20180815202110j:image

バスルームはこんな感じ。

 f:id:koronawashibaken:20180815202117j:image

 

自炊ができる

○各室に電子レンジ、コーヒーメーカー、ポット、コップ、冷蔵庫

○1回に共同キッチンがある(食器類もここで借りられる) 

f:id:koronawashibaken:20180815202123j:image

 

○中国語が通じる

○中国系のオーナーが親切 (湯沸しポットを使おうとしたら壊れていて(部品がはずれていた)、オーナーに話すとすぐに取り替えてくれた。まあ、当然といえば当然ですが)

f:id:koronawashibaken:20180815202134j:image

 

街の中心部(スーパーが徒歩2分、隣がオーロラビレッジの事務所)

f:id:koronawashibaken:20180815202229j:image

 

デメリット:

○3階建てで、エレベーターがない(スーツケース大変w)

○豪華なホテルを想像してはいけない(ゲストハウス以上ホテル以下=モーテル)

Wifiが有料(1日5.25ドル(0.25は税金))

○窓に取り付けられたエアコンなので、隙間風が寒い。10月入るとすぐにエアコンを取りはずし、暖房(ラジエーター)が入る。(そうなると逆に暑くて窓を少しあけるくらいになるw)

 

つづいて、バンクーバーでの宿泊は、お隣リッチモンドで。

リッチモンドのホテル**デイズ イン バイ ウィンダム バンクーバー エアポート

↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓

デイズ イン バイ ウィンダム バンクーバー エアポート

f:id:koronawashibaken:20180815202151j:image

 デポジットとして、フロントで500ドルが現金かカードでとられます。現金は返金され、カードはきちんとキャンセル(というか承認段階にならなかった)されました。

 

f:id:koronawashibaken:20180815202138j:image

 

メリット:

○空港から近い(車で10分、又はスカイトレインブリッジポート駅」(空港から3駅目)下車徒歩 7 分)

○無料送迎バス

○北米最大のナイトマーケット会場まで徒歩5分

○朝食付きで1万円以内なのでバンクーバーより安い。

朝食のワッフルはその場で焼いてくれ、メイプルシロップかけ放題

f:id:koronawashibaken:20180815202226j:image

Wifi無料

○大型スーパーが中国系なので日本の商品が買える

リッチモンドの埠頭への日帰りが楽

 

デメリット:

○空港でホテルの無料のピックアップバスを待とう(国内線のほう)と思いましたが、無料で各ホテルに電話ができる公衆電話があったので、かけましたが、まったく一向につながらず。しかも、バスもこないので、あきらめて電車で。事前に連絡をするほうがいいかもしれません。あるいは、国際線の方なら来たのかも。 (空港にいくときは、前もって時間をいっておけば無料バスが使えます。)

 

バンクーバー市内(ウォーターフロント)まではスカイトレインで20分

○最寄り駅からホテルまで人通りが少ないので夜は心細い。

(大通りを通れば大丈夫ですが)