韓国で就職、子育て、旅育からの、親子留学?

新卒でソウルで就職、一人旅後、中国で就職、現在またソウルで働きながら子育て中のアラフォー:ソウル在住日本人

<韓国>緊急災難支援金の使い道

日本でも「特別定額給付金」として国から一人10万円が現金支給されることになっていますが、韓国でも「何日時点で韓国に住んでいる韓国人」を対象に支援金という名で支給されることになりました。

韓国は世帯主基準で金額が決まり、さらには現金支給ではないので、使い方が少し複雑になっています。

続きを読む

韓国の育休給与はもらえるのか

今日はメーデーでソウルでも大部分がお休みですが、小学校のオンライン授業はありますw子どものオンライン授業開校ではなく親の始業なのでw休みもありません(苦笑)

 

さて、2月中旬から育児休業を始めましたが、育休給与の申請は自分で雇用保険センターに申請しなければいけません。 

そのためには、会社が「確認書」を発行してから、私が申請するという順番になっていますが。4月上旬になっても給与の申請すらできない状況が続いていました。

※※韓国は小学2年生(満8歳未満)までに育児休暇がその子に対して1度だけ申請ができます。今回娘6歳には一度も育休を使っていなかったので(出産前に退職し、数年後に別の会社に就職したため)、今回ギリギリ?の育休使用となりました。

※※雇用保険加入者であれば外国人にも同様に適用されます

続きを読む

韓国の勤務先で、育休申請で言われた昭和かよ発言

休校の続く韓国ですが、ピカピカの一年生になる娘6歳の小1の壁に対応すべく、1月にはすでに2月中旬からの育休申請をしていました。

(韓国の新学期は3月から)

そんな韓国の育休話です・・・

(韓国のリアルタイム情報はなかなかかける時間がありません涙)

続きを読む

早くもパワハラ禁止法が適用された我が社

現職の「さすが韓国さんですわ~No,1」に続いて

 

「さすが韓国さんですわ~No.2」では

7月から韓国で始まったパワハラ禁止法ですが、うちの会社で早くも適用された事件があったので(苦笑)その効果をお伝えします。

halftheworld.hatenablog.com

続きを読む

どうやら監査(労働部の管理監査)がはいって急展開

以前2019年の今年7月から韓国で始まったパワハラ禁止法について書きましたが、

halftheworld.hatenablog.com

これや52時間制度がきっかけで、社内規定が突然、そして急激に変わりました。

そんな現職の「さすが韓国さんですわ~No,1」を紹介します。

続きを読む

今月パワハラ禁止法が施行された韓国

先週からの吉本事件?をみていて、トップにものが言える役割(松本さん)の人が、下と上とをバランスよく調整できるのがうらやましいなと思いながら、韓国でほそぼそと働いています。

そんな韓国では、7月16日から「직장 내 괴롭힘 금지법」といういわば職場のパワハラ禁止法が施行されました。直訳すると「職場内のいじめ禁止法」です。

日本でも職場でのパワハラ防止を義務付ける関連法が成立して、来年には施行されるようですが、恐らく似たような法律になると思います。

ナッツ姫や水かけ姫にみられるように、韓国社会のパワハラ問題は日本にも負けず劣らず。 

そんな韓国のパワハラ禁止法を少しみていこうかとおもいます。

続きを読む

韓国人と働くなら覚えておく5か条~3.4.5条

今回は3条から5条まで、またまた愚痴パレードになってる予感ですw

 

第3条 見切り発車

石橋を叩いて渡るという言葉がありますが、中国は木で作ってさっさと渡ってしまい、韓国は石をただかけ渡すだけで確認もせず渡り、日本は石でつくって確認してもまだまだ渡らないと、勝手に思っています。

続きを読む